読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドミニオン初心者4人に勉強会を開いた話

最近全然ブログ更新していなかったので、年を越す前に何か書くネタは無いか考えたところ、1ヶ月半前に知り合い相手にドミニオン勉強会を開いたのをまだ記事にしていなかった。

いわゆる「初心者にドミニオンを好きになってもらう方法」の一例ということで一つ。

なぜ勉強会をやったのか

幸運なことに、4月からほぼ週1回ペースでドミニオンをオフラインプレイできる環境にいる。 ただ、その環境というのはわりと力量差が激しく、特に自分と親しい数人が所謂初心者で、いつも3 or 4位になっていた。

経験を積むのがドミニオンで強くなる最もわかりやすい方法なのは百も承知だが、それにしたって知らないといけないことというのはある。 (ここで言う知らないといけないこととは「1Tに村購入はほぼ弱い」「属州残り4枚以下の時に5金出たらアクションより公領を買う」とかのレベルである)

初心者ではある彼らは「ドミニオン勝てないなー勝てるようになりたいなー」と興味自体は示してくれていたが、このままの状態が続くと、やがてドミニオンを嫌いになってしまうのではないか。 それはなんというかこう、嫌だ。 しかしだからと言ってナンタラマニアックスとかを一方的に渡すのも何か違う気がする。 そう考えて、ちょっとでもドミニオンを面白く感じてもらうために、未熟ながらも彼らを相手に実体験ベースで学んでもらう勉強会を提案し、実際に開催することにした。

勉強会でやったこと

勉強会の概要は以下の通り。

  • 初心者4人を招待
  • 意図的なサプライを6つ用意して4人にプレイしてもらう
    • それぞれにコンセプトや教訓めいたものがある
    • 一部、変則ルールを設けた
  • 試合前に1人にだけ「こうするといいよ」というヒントを教える
  • AuToはよほどの悪手を打たないかぎりは見てるだけ
  • 試合後にAuToが偉そうなことを言いながら感想戦

用意したサプライはだいたいこんな感じ。 (詳細は長くなるので、この記事では省略。いつか書くかも)

  • 村・鍛冶屋・玉座の間のみの変則サプライ
    • 鍛冶屋ステロで十分
  • 一般的に弱い or 輝く場面が極めて限定的なカード10種
    • 金ステロで十分
  • よろずや、大使館、商人ギルドなどのステロ強カード10種
    • 強いステロカードの強さを実感してもらうのが目的
  • 大使砲サプライ
  • ステロカード vs 玉座・執事・橋
    • 決まると気持ちいいコンボと、玉座玉座でアクションを増やせることの実体験
  • 冒険カード & イベントによる獲得メインのコンボサプライ
    • 当時、冒険サプライが多かったので対策ということで

前半と後半でステロ場とコンボ場を分けたのは、長丁場の勉強会にメリハリを付けるため。 昼過ぎから休憩を挟んで18-19時くらいまでかかる想定で、実際その通りになった。

勉強会当日に起きたこと

4戦目以外はだいたい当初の意図通りになり、ヒントを教えた人が勝った。

4戦目は大使砲が完成する前に終了。 これはサプライというか意図がよくなかった。 (4人戦と2人戦の違いを甘く見過ぎた……)

5戦目はヒントを教えなかった3人のうち1人が意図を見抜き、ヒントを教えた人よりも先に玉座・執事・橋を完成させる。 予想外ではあったが、コンボを決めた側が勝つ事自体は当初の意図通り。

勉強会後にどうなったか

4人のうち少なくとも2人は明らかに強くなっていた(というか純粋なステロ戦だと偶に負ける)。 1人は、勉強会後に自分でドミニオンを3パック購入するくらいにはハマっていた。 また「別の友人とやるときに勝てるようになった」とも言ってくれた。

定期的にネットで「どうやって初心者をドミニオンに誘い込むか」みたいな話題を見かける。 小規模ではあるが、この勉強会はその目的を達成できたと思う。 この方法が全ての初心者に通用するわけではないし、たぶんコスパも悪い(サプライ準備も当日もめっちゃ疲れた)が、なんだかんだいって自分も楽しかったので良しとする。

尻切れトンボな終わり方ではあるが、うだうだしてると年が変わってしまうので、よいお年を。


サプライ作成の際に多くの助言をくださった @r_kuzumi@mmhiyoko にお礼申し上げます。