読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第5回ドミニオン日本選手権に参加しました(後編)

前回のあらすじ:ドミニオンのプレイ回数が4回ふえるよ! やったねたえちゃん!

ということで前編の続き。

決勝が始まるまで考えてた/やっていたこと

正直、前日の予選を突破できる思っていなかったので、2日目は強い人と戦って勉強するくらいのつもりだった。 ただ、それだけだと流石に張り合いが無いので、4戦中1勝することを目標にした。

ちなみに「試験の日の朝に教科書を読んでる学生」の如く、試合直前までドミニオンラーニングを読んでいたが、大沖イラストのパン屋や行商人ちゃんがかわいいせいであまり頭に入らなかった。 きっとこうなることを考えて大沖イラストを採用している木ドミこわい。

試合備忘録

サプライはそれぞれの対戦毎にエクスパンションを固定した上で、スタッフが(たぶんその場で適当に)考えた組み合わせを発表するという形式だった。

スタッフ「サプライは事前に決めてると言いましたが、あれは嘘です
参加者「えー(爆笑)

1回戦

  • サプライ(基本・海辺): 玉座の間 魔女 木こり 工房 冒険者 巾着切り 真珠採り 宝物庫 灯台 引揚水夫
  • 2番手
  • 初手: 灯台-巾着切り

サプライがホワイトボードに書かれていく時の様子。

スタッフ「魔女」
参加者「ああああぁ……」
スタッフ「巾着切り」
参加者「うわああああぁ……」
スタッフ「灯台」
参加者「うおおおおおおお!!!!!!

いきなり荒れ場。 灯台が出てきた時の会場の盛り上がりがすごかった。

幸い初手は全員3-4だったので、みんななかよく灯台-巾着切りスタート。 巾着切りが横行し、全員なかなか5金が出ず、3・4Tは引揚水夫と灯台を補充。 (たしか)デッキ3巡目で出た5金は魔女にするか少し迷ったが、既にみんな灯台を構えている状態なのと、巾着切りのガードになるのを期待して宝物庫を購入。 その後も玉座や引揚水夫がいるので、アクション過剰でもなんとなると信じ、その後も巾着切り・宝物庫・引揚水夫・玉座の間を積んでいった。

転機が訪れたのは自分と似たようなデッキにしていた4番手が途中で魔女を挿してきた場面。 1枚ならと思い無視していたが、玉座魔女を撃ち始め、更に魔女をもう1枚入れてきた時点で「もう無視できない」とこちらも魔女を1枚購入。 今思うと「後追いは正しいのか?」と思わないでもないが、幸いこちらは玉座を多めに入れていたので、玉座魔女や玉座宝物庫からの魔女でなんとか4番手の呪い撒きに追いつく。

その後は巾着焼いて4金出したり、玉座引揚で呪い2枚を焼いたりしながら属州や公領を買い、(たしか)属州切れでゲームエンド。 結果は1点差でなんとか1位。 得点計算するまで誰が勝つのかわからなかった激戦だったのと、本戦1勝という目標を早くも達成できたので無駄にテンションが上ってしまった。 荒れ場で勝利点レースが始まるまでの宝物庫の強さを信じたのと「アクション被っても玉座と引揚水夫でなんとかする」という方針が上手くハマってなんとか回し切れた。

勝ったからというわけではないが、大会通して1番おもしろい試合だった。 初手以外の明確なルートが見えず*1、その場その場の判断でデッキを構築しないといけない展開が好きなのかもしれない。 そういうゲームは得てして荒れ場だけど……


最大の反省点は4人揃ってスタッフの試合開始の合図を聞き逃したところ。 4人で談笑していたらスタッフに怪訝な顔で「なにやってるんですか?」と言われて(ごめんなさい、なにもしてませんでした)、慌ててゲームを始めた始末。 人の話はちゃんと聞きましょう。

2回戦

  • サプライ(陰謀・繁栄): 中庭 執事 望楼 交易路 共謀者 改良 公爵 保管庫 鍛造 行商人ちゃん
  • 植民地・白金貨あり
  • 3番手
  • 初手: 保管庫-中庭

行商人ちゃんかわいい。

自分含めて1・2・3番手が5-2スタート。前2人は改良-中庭スタートで、恐らく行商人ちゃんを売り飛ばして白金貨にするルートを狙ってる様子。 自分も行商人ちゃんを白金貨に改良するのを見ていたが、少し捻って、保管庫で6金を出して6金で行商人を確保する方向にしてみた(まずこの選択がアレな気がする)。 中庭が3Tに来れば3・4Tに確実に行商人ちゃんが手に入るという目論見。

一応、行商人ちゃんも改良も早く用意はできたが、3人揃って行商人ちゃんと改良が一向に揃わない。 「それ(行商人ちゃん)をすてるなんてとんでもない!」と言わんばかりに揃わない。 結局、執事から入った4番手も含め、みんなで普通に9金で白金貨を買う展開に。

自分は中盤でかなり致命的なプレイミスを犯したせいで、白金貨を手に入れるのが大幅に遅れる。 このミスで完全に取り乱し、結局植民地もほとんど買えずに4位転落。 外野で見ていた知り合いにも指摘されたが、鍛造入れればもっとマシだったかもしれないのに入れてないし、属州を入れるべきところで入れてないしで、本当にダメ。


そもそも行商人ちゃんを白金貨に改良しようとしていた3人が全員間違ってるんじゃね? という*2。 これたぶん執事 or 改良で軽圧縮しつつ、中庭 or 保管庫だけで財宝を買っていく方が速いんじゃね? という。

3回戦

  • サプライ(錬金術・収穫祭・ギルド): 村落 蝋燭職人 大学 賢者の石 収税吏 伝令官 再建 豊穣の角笛 弟子 肉屋
  • 4番手
  • 初手: 銀-収税吏

錬金・収穫祭が含まれている時点で「使い魔か!? 馬上荒れ試合か!?」と神経を尖らせていたが、意外と丸い。 というか肉屋が無難に強い。 そして無難に強いカードがある場で4番手という辛み。

1番手が再建-銀、2・3番手がどちらも銀-銀と来て考える。 少なくとも2・3番手は手堅い肉屋ステロにしか見えず、「もはや1位になるためには曲芸しかない」という思考で2Tに収税吏を選択。 一応考えていたのは、3Tに収税吏と銀を揃えて他人の銀を落とせば、金貨を獲得しつつ他家の4T肉屋購入を潰せるというロマン。 夢を見るのも大概だし、できたところでその先のビジョンも深く考えていなかった辺り悪手だったと思う*3

その後は肉屋の流れに乗っかるも、間に合わず3番手の方と3位タイ。 ざんねん! わたしのぼうけんはここでおわってしまった!

ちなみに1位のFerryさんは銀-銀から入って3・4Tの両方で肉屋を購入。 徳が高い。


2戦目後の取り乱しを引きずったまま収税吏スタートとかいうよくわからないことをしてしまったけど、15ptを準決勝進出ラインとみなすなら「2位以上を狙う手」でよかった気がしないでもない(1-4-2-1で15ptを狙う)*4。 そう考えると、後手番とは言えやっぱり銀-銀でよかった気がする。 それこそ3T・4T両方で肉屋を買える方が、収税吏で銀を指すよりもまだマシな気がする。

あるいは伝令官と角笛でアレな方向に行く手も考えられるが、ただでさえコンボ構築力が低い上に肉屋3人のスピードに追いつける気もしない(属州を肉屋で焼かれる未来が視える……)。 というか、伝令官と角笛で悪いことをして勝った人はどれくらい居たのかな。

4回戦

  • サプライ(異郷・暗黒時代): 救貧院 岐路 物置 城塞 ゴミあさり 武器庫 官吏 大使館 厩舎 農地
  • 避難所あり
  • 2番手
  • 初手: 武器庫-物置

全員が勝っても準決勝に進めない卓なので、開始前に「最後なのでまったりやりましょうw」と意気投合。 サプライを見る限りゴミあさり-銀からの大使館ステロが無難に強そう。 しかし、ここで疲れきった脳内に悪魔が囁く。

「デッキ引ききってから物置で捨てて、更に救貧院並べたら強いんじゃね?」

……まあ冷静に考えれば大使館相手に間に合うはずも無く、例え理論上できるとしてもコンボデッキ構築力皆無の自分には到底無理なのだが、大会の熱気にやられきっていた頭では「武器庫でワンチャン!」とか考えてた。 3金で物置を買ってるのは更に意味がわからない。 たぶん「被らなければ武器庫を使える回数増えるよ! やったねたえちゃん!」とか考えていた自分の頭をひっぱたきたい。

無難にゴミあさり-銀で入った3人が意外と遅かったため、それっぽいデッキを作るには作ったが、結局不発に終わって4位。 ところで1番手と4番手がゴミあさり-銀からの厩舎ステロに行ったけど、大使館と比べるとどうなんだろう?(というか他人の大使館で降ってくる銀貨を期待してたのに……)


更に余談。 終わったあとの r_kuzumi との会話。

AuTo「ゴミあさり-銀から大使館は、大使館2枚要るのかな? ゴミあさりで大使館を置くし……」
r_kuzumi「そもそもゴミあさりは邪魔だから農地で焼いて金貨にするもんでしょ」
AuTo「なるほど?」

完全に盲点だった。 状況に依るとは思うけど、結局このサプライの4-3スタートはどう展開するのが正しいのか?

結果

というわけで1-4-3タイ-4の大会勝利点6.5点で敗退。 こうやって見ると1回戦の勝利で燃え尽きてた感がある。 2戦目以降の結果は自分の弱さが露呈しただけなので、ある意味納得の結果?

感想

ドミニオンに限らずゲームの大会的なのに参加したのは今回が初めてだったが、ポイントが付くと張り合いがあっておもしろい。 2日目のサプライ公開時の会場の盛り上がりとかの、普段は味わえないお祭り感覚も存分に楽しめた。 あとネットやなんとかマニアックスとかいう本でしか見ることが出来ない人達と戦ったり、生で試合を見たりできたのもよかった。 特に準決勝・決勝はゲーム自体はもちろんだが、サプライ決めの苦悩や駆け引きも見てて楽しかったし、とても勉強になった。

ところで大会終わった後は「楽しかったけど、練習も含めて散々ドミニオンをやったし、しばらくはいいかな」とか考えていた。 それなのにこの1週間は今まで以上にgokoにログインしたり、大会サプライで反省会をしたりと、ますますドミニオン漬けになってるのがおもしろい。 というかもっとこの記事早く書くつもりだったのに、書いてる途中でドミニオンやりたくなってgokoに行ったりしてたせいで、こんなに遅くなった。 いい意味で刺激になってる……のかな?

なんか「楽しかった」と「おもしろかった」しか書いてなくて頭悪い感想になってるけど、本当にその二言に尽きる濃厚な2日間だった。 今回は「予選突破 + 全体で2勝」という結果だったので、もし来年もあるとしたら「予選突破 + 全体で3勝」あたりが目標にしたい。

*1:見えてた人いたら教えてほしい。

*2:これのせいで同卓だったみなせさんはこの時点ではコンボの人なのかと思ってました

*3:結局、収税吏は4Tに来たのでアウト。

*4:結果的には15pt準決勝進出は確か0人か1人だったが