読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームマーケット2015年春の感想とか買ったゲームの紹介とか

アナログゲーム

今までなんとなく行くのを躊躇っていたゲームマーケットに初参加。 初見2人で開幕直後に会場に向かったら入場に15分位かかったけど、入ってしまえば楽で平和なイベントでした*1。 少なくとも東ホールで開催していたイベントよりはきっと平和。

戦利品の紹介(一部)

せっかくなので一部の戦利品の紹介っぽいものをしてみる。 どれもこの記事を書いてる時点では未プレイなので、コンセプトの説明と、ルールをざっと眺めた感想を添えて。 なぜかダイスゲーばっかりに。

ヒーローカンパニー

f:id:autopp:20150505175350j:plain

ヒーローカンパニーの社員となったプレイヤーは毎週起きる事件を同僚と共に解決して会社から評価してもらい、6週間の間で最も優秀なヒーローになることを目指す。 同じ現場に向かったヒーロー達は駆けつけた順番にダイスを振っていく。 出目の合計が所定の数値を上回ったヒーローが事件解決者となり、評価ポイントを得ることができる。 また時には事件を他の同僚に任せて修行を積み、ヒーローとしてスキルを手にすることもできる。

街コロを作ったグランディング社の新作ダイスゲーム。 島本和彦のコミックヒーローカンパニーとのコラボとのこと*2。 街コロと比べるとプレイヤー間の駆け引きが重要そう?

ちなみに事件カードだけ眺めてみたら、それぞれの解決に必要な合計値は1から10。 これだと1発解決も頻発する先手必勝ゲーになるだろうと思った。 付属のダイスを見るまでは……。

CV(履歴書)

f:id:autopp:20150505175421j:plain

青年時代から老年時代に渡ってスキルや経験(カード)を積み重ねることで誰よりも優れた履歴書を作り、人生の目標を達成するのが目的。 新たなスキルや経験を得るためには、時の運(ダイス)だけでなく、これまでの経験の活用(カード使用)も必要になる。

基本的にはダイスの出目+αで買えるカードが決まるダイスゲーの模様(ゲーム後半は+αの方が大事そう)。 ただし、ゲーム終了時の所持カードによってポイントが決まったり、全プレイヤーが目指す目標もあるので、こちらもプレイヤー間の妨害プレイや駆け引きはあるっぽい。

ルール読むまでは履歴書を作って就活するゲームだと思っていたので、 「履歴書を書く練習になるよ!」とか言って、就活してる or これからする後輩にプレイさせようとか考えて買った。 実際は「長い人生におけるキャリアアップ」が題目らしいので、この言い分は無理がありそう?

キング・オブ・ニューヨーク プロモカード

f:id:autopp:20150505175230j:plain

キング・オブ・ニューヨークの追加カード9枚セット。

画像の一番上にあるトランプタワーは、購入時に+3勝利点の6コスト破棄カード。 それだけなら平凡だけど、もし購入以外で捨てられると、全てのモンスターは3勝利点を失ってしまう. 一応、勝利点を稼ぎやすいマンハッタンにいる間はコストが下がるが、点数が低迷しているモンスターに2エネルギーで捨てられる未来しか見えない……

初参加の感想

とりあえずソロ参加にならなくてよかった。 というのも、開幕後90分くらいでフリースペースができるので、知り合いと一緒なら買ったゲームをその場でプレイできる。 実際、同伴者が買ったダンジョンオブマンダムをその場でプレイしたら面白かったので、勢いで自分の分も買ってしまった。 まあ衝動買いはともかくとして、お祭りっぽい気分の中ですぐにプレイできるのは悪くないので、これから参加する人は2-4人くらいで一緒に行けばいいと思う。

あと冒頭では平和と言ったけど、想像していたよりも参加人数が多くてびっくりした。 人気ゲームが目当てなら、結構早めに行ったほうがいいと思う。 Dominion Adventuresの日本語版先行販売とか無くて本当によかった……

*1:同じ場所でやる年2回のアレが平和じゃなさすぎるだけ?

*2:コミックの存在は買ってから知りました。